上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2018年になりました。
お正月、ガテラと二人で茅ヶ崎海岸へ。

DSC04596.jpg

ガテラは縁起を担ぐために、
茅ヶ崎海岸に着くと、
禊ぎのごとく海の水を触るのが常である。

DSC04592.jpg

まずは海に対して祈り…、

DSC04595.jpg

このように水を触る。

DSC04599.jpg

そしてその後、逃げ遅れて足元に波が押し寄せた新年。

DSC04600.jpg

粋がってはいるが、足元はびしょ濡れなのである。

DSC04605.jpg

…とそんなお正月でした。
まあ、遠くに富士山がくっきり見えるから
それだけで良しとしよう。

(記:ル真美)

【話を聞きに来てください。】
ガテラと私、ただ今帰国中(2月末まで)。
ワンラブのお話をあちこちでさせていただきます。
スケジュールはこちら
ぜひ来てくださいね。
ルワンダ小物やワンラブオリジナルグッズも販売しますよ~。

スポンサーサイト
ルワンダにつきましては、
腹の立つこともいっぱいあるのですが、
応援したくなることもままあります。

その一つが、何度か紹介しているMade in Rwandaの品物たち。
今回はこんなもの。

tofu (1)

スーパーのショーケースに入っている、これ。

tofu (2)

チーズの横に並べられた「豆腐」。
もっともこの豆腐はもうず~っと前からルワンダで作られていました。

マーボ豆腐など、そんなものが欲しくなった時、
これを買うのです。
が、この豆腐、木綿豆腐よりずっとストロング。
歯ごたえのある豆腐なのでありますよ。

Ubugari Winie (1)

そしてこちら。

Ubugari Winie (4)

瓶に入っているのはルワンダの地酒。
バナナで作ったほんのり甘いお酒。
色は濁った泥水のようですが、なかなかおいしいのですよ。

Ubugari Winie (2)

袋に入っているのはルワンダの主食「ウガリ」。
ここではキャッサバ芋を粉にしたものがメインです。

Ubugari Winie (3)

個人的にはここにわざわざ"Human Food(人の食べ物)"と
書いてあるのが気になる。
しかも一番下の行、Storeのスペルが間違っているのも
ルワンダのどこかいい加減なところが出ていて
苦笑いの種なのだ。

(記:ル真美)


ここはどこか?
2000年に昔の義肢製作所から、
ワンラブランドに引っ越した時のニュー義肢製作所。

ここでずっと義足を作ってきたけど、
ある時に洪水の被害に遭い、現在はワンラブランド内の別のところに移転。

IMG_8205.jpg

建物が中途半端な高さなのは(ここは2階建てだった)、
窓の真ん中のところまで盛り土をしたからなのであります
(洪水の被害に再度遭わないように)。

そしてこの中には、ワンラブ20年の歴史で使われたあらゆるものが
詰め込まれている(ただ単に、整理するのが面倒だから、ここに突っ込んだ)。

IMG_8169.jpg

そして今日はついに立ち上がり、
その中を整理することになったのである。

IMG_8178.jpg

とにかく中のものを外に出し…、

IMG_8163.jpg

必要なものと、捨てるものに分ける。
これらは日本から持ってきた中古の義足。
まだ使えそうな部品は取り分ける。

IMG_8187.jpg

車いすだって、使える部品は再利用。
すべてのものが汚く見えるのは、
20年間の埃と、洪水で泥水に浸かったため。

IMG_8189.jpg

アシエールとフォンダシオン、直射日光の中がんばっています。

IMG_8185.jpg

いらないものはトラックに積んで…、

IMG_8202.jpg

スクラップとなります。

IMG_8201.jpg

結局、トラック5台分のゴミ。
もう使えない建築資材とか、義足とか、
使うかな?と思って取っておいたもろもろの物。

これらはゴミを引き取る業者に売られ、
おお、ありがたい!
約15万円ほどの値段で引き取られました。
思いがけない収入なのだ!

IMG_8198.jpg

ちなみにここはその昔、私のオフィスだったところ。
何だか改めて20年前を思い出し、
しみじみしたのでありますよ。

思い出深い品物もたくさんありました。
もったいない気もしましたが、
ずっとここを整理しなくちゃと思っていたので、
気持ちはすっきりしました。
さあ、また明日からがんばるか!

(記:ル真美)

『帰国が決まったよ。』
12月5日に日本到着です。
2月いっぱいいます。
また日本で活動のお話をさせてもらいます。
1月・2月の平日はまだ空いている日もあるので、
どなたか私たちのことを呼んで、話を聞いてください。
よろしくお願いします。
その際はこちらにご連絡ください。
info@onelove-project.info

帰国中の予定は追ってHP、このブログ、FBなどで
お知らせしますね。
皆さん、お時間の都合がついたら、ぜひいらしてください。

IMG_5669.jpg

めずらしく一張羅を着ている私たち。
たまにはいいでしょ?


現在、ルワンダの若い映像作家がガテラのドキュメンタリーを制作中。

実はこの映像作家、2015年からワンラブの活動を追いながら、
ガテラの生きざまをドキュメンタリーにしてくれています。
そして2015年に作った映像は、
ルワンダで行われたフィルムコンペティションの一等賞をもらったのです。

その様子。
12794690_1260373784047882_3122505056365057557_o.jpg

賞状と花束をいただきました。

12829252_1260372867381307_8479169172004167832_o.jpg

One Leg, One Loveというタイトルです。
作家の名前はアレクサンダ・シボマナさん。

980762_1260372957381298_6534424175544103277_o.jpg

ガテラ、喜びの一言。

そしてこちら。
今、新たな映像を加えようとインタビュー中。

Gatera documentary (2)

顔は見えませんが、カメラをのぞいているのが、そのアレクサンダさん。

Gatera documentary (1)

撮影はワンラブ・ランドの庭で。
なかなかいい雰囲気だと自画自賛。

さて、どんなドキュメンタリーができますかな?
ワクワク。

(記:ル真美)

『帰国のお知らせ』
12月から2月にかけて、ガテラと帰国します。
1月・2月はまだ予定の開いている日もあり、
何とか予定を埋めていきたいのであります。

どなたか、私たちのことを呼んでください。
そして活動の話を聞いてください。
学校・企業・組織、どんなところでも伺います。
より多くの活動資金を集めて帰りたいので、
皆さまのお力を貸してくださいませ。
前回はガテラがマラリアに臥してしまったので、
今回はそのリベンジ!
呼んでみよう!と思った方は
info@onelove-project.info
までご連絡を!
お待ちしております!
ハロウィンのこの季節。
私はハロウィンは個人的には嫌いな行事であるのだが、
カボチャにちなんだブログを一丁。

Peanut kabocha (2)

このカボチャ。
ピーナツカボチャと言うのですって。
ルワンダの市場やスーパーで見かけます。

Peanut kabocha (1)

中はこんなふうになっていて、
確かにカボチャなのでありますよ。

大きさは20センチくらい。
これを使ってポタージュを作ると、
大変クリーミーでおいしいのでございます。

日本でも売ってるのかな?
売ってたら、買ってみて。

(記:ル真美)

『帰国のお知らせ』
12月から2月にかけて、ガテラと帰国します。
1月2月はまだ予定の開いている日もあり、
何とか予定を埋めていきたいのであります。

どなたか、私たちのことを呼んでください。
そして活動の話を聞いてください。
学校・企業・組織、どんなところでも伺います。
より多くの活動資金を集めて帰りたいので、
皆さまのお力を貸してくださいませ。
前回はガテラがマラリアに臥してしまったので、
今回はそのリベンジ!
呼んでみよう!と思った方は
info@onelove-project.info
までご連絡を!
お待ちしております!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。