最近、義足とは関係のないことばかり更新しており、
「あなたたちは本当に義足を作っているのですか?
集めた寄付は、もしかしたらあなたたちの胃袋の中に
消えてしまっているのではないですか?」
と思っている人たちもいるかもしれないので…。

P (1)

先週、左足の膝から下を切断した人が来ました。
仮合わせをする日です。
担当はアシエール。

P (3)

他のスタッフも仮合わせを見守ります。

P (2)

日本の義肢製作所から中古の部品を
寄付してもらって作った義足です。
本当ならば一人ひとり、
その人のための部品を調達して作りたいところですが、
その辺はスタッフや資金と相談して、材料を決めていきます。
日本の中古義足は、まだ使える部品もたくさんあり、
とても助かっています。

しかしこの男性、とても背が高いのです。
日本から寄付してもらった中古部品は日本人サイズ。
例えばこのパイプの部分。
日本人サイズだと短いのです…。
短足日本人というのが、ここでバレるわけですね。
長いのを探すのに苦労しました…。

P (4)

では実際に歩く練習を。

P (5)

とてもぎこちないものの、
足を切断して初めて再び自分で歩くことができました。
嬉しいだろうなと思うものの、
緊張しているのか、それともパンツ一丁で照れくさいのか、
ピクリとも笑いませんでした。

そして次の日。

pro (2)

義足を仕上げ、取りに来ました。
もうパンツ姿で歩く必要はありません。

pro (3)

どうです、この姿。
俺って、本当はかっこいいでしょ?

pro (1)

慣れるまでは杖を持って歩いてね。
とアシエールからアドバイスされ、
去っていったのでありました。

以上、ワンラブの一日でしたー。

(記:ル真美)

《帰国のお知らせなのだ》
11月初旬から1月末まで約3ヶ月間、
ガテラと一緒に帰国します。
いつものように活動のお話をするため、全国を行脚します。
現在各地で話をさせてもらえる場所を探し、
スケジュールを調整中です。

「ワンラブの話?
この間テレビにも出たことだし
世界ナゼそこに?日本人
おもしろそうだから聞いてみるか?」とか、
「そうか、相変わらず資金繰りは厳しそうだな。
いっちょ資金集めのため、何かを企画してやろうか」
と思う方、ぜひこの機会にお会いしましょう。

どうぞ私たちのことを呼んでください。話を聞いてください。
呼んでみようと思う方は、info@onelove-project.infoまでご連絡をください。
体力の続く限り、どこでも参上いたします。
よろしく!



スポンサーサイト
ワンラブでは既に8人の義肢装具士を日本に派遣し、
義足作りの技術を勉強をしました。

皆さん、それぞれいろんな日本の印象を持って帰ってきます。
アシエールもその一人。

IMG_0154.jpg

誰かからもらったのかな?
日の丸と日本の地図をモチーフした
こんなTシャツを着ながら義足作り。

でも汚れちゃうでしょ?
と言ったら、おもむろにTシャツを脱ぎ、
ボロボロの白衣に着替えて作業を続けたのでありました。

(記:ル真美)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     ご支援よろしくお願いいたします
  ムリンディ/ジャパン・ワンラブ・プロジェクト
  郵便振替口座:00210-5-66497
   
  領収書は省略せて頂いております。必要な方は要領収書とご記入ください。
  詳しくHPをご覧ください→ムリンディ/ジャパン・ワンラブ・プロジェクト

書き損じハガキ、未使用テレホンカード・未使用切手、
大募集中です。 詳細はこちら
送付先:253-0051 茅ヶ崎市若松町12-28-304
ムリンディ/ジャパン・ワンラブ・プロジェクトまで。
 
書き損じハガキ


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

クラウドファンディングでの資金集めも終わり、
現在巡回診療を実行するための準備中です。

巡回診療準備 (2)

まずは材料などのチェック。
さらに新しい材料を仕入れなくてはいけません。

巡回患者自転車で来る

実際巡回診療が始まると、公民館や競技場などを利用して行います。
こんなふうに自転車に乗ってやってくる人もいます。
(ルワンダには自転車タクシーがあります。
但し坂道も多いので、上り坂ではお客さんと一緒に
自転車を押している姿も見かけられます。)

巡回子供

受付けの女性によって患者さんの情報を聞き取ります。

杖待ち

杖の配布を待っている人たち。
この日は天気が良かったので助かりました。

巡回ピーナツ売り

そして集まってきた障害者をターゲットに、
ピーナツ売りも出没。

使い込んだ義足

で、こんなふうに最終的には義足を渡す作戦です。

3月20日からアビリンピック参加のためにフランスに行って来ます。
だから巡回診療スタートは、その後となりそうです。

4月は忙しそうだぞ!

記:ル真美)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     ご支援よろしくお願いいたします
  ムリンディ/ジャパン・ワンラブ・プロジェクト
  郵便振替口座:00210-5-66497
   
  領収書は省略せて頂いております。必要な方は要領収書とご記入ください。
  詳しくHPをご覧ください→ムリンディ/ジャパン・ワンラブ・プロジェクト

書き損じハガキ、未使用テレホンカード・未使用切手、
大募集中です。 詳細はこちら
送付先:253-0051 茅ヶ崎市若松町12-28-304
ムリンディ/ジャパン・ワンラブ・プロジェクトまで。
 
書き損じハガキ


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

子供の義足、作りましたよ。

004 (7)

さて試運転。
アシエールが見守り、

002 (11)

ガテテが歩き方指導。

008 (2)

ただでさえでっかいアシエールと並ぶと、
ほんとにちっちゃく見えるなー。

029.jpg

時には優しく語りかけ、
時には厳しくするその姿は、
まるでお父さんのようだ。

031_20151202220240948.jpg

見てください。
つかまって歩けるようになりいました。

022 (4)

そしてまぁ、なんとかわいらしい。
パンツをはいていなかったこの子は、
おしり丸出しで歩く練習をしていたのですね。

016_2015120222021896d.jpg

はい、お疲れさん。
よくがんばったね。

(記:ル真美)

1月24日までクラウドファンディングに挑戦しています。
おかげさまで最初の目標金額が集まりました。
しかしブルンジで「第二のルワンダ大虐殺」になり得る事態が発生しています。
被害を受けるのはいつも弱者。
彼らにも義足を作れるよう応援してください。





002 (9)

昨日、例のシスターが大量に障害者を引き連れて
ワンラブにやってきた。

006 (3)

彼女がいる地域に住んでいる障害者たちだ。
みんな、こんないい加減な、木を切っただけの杖を使って
日々を暮している。

そんな彼らに杖やら何やらプレゼント。

033 (2)

用意したのは40人分の杖。

022 (2)

中には脚長差のある女性もいて、
装具を作った。

023 (2)

こんな感じでありますね。

024 (2)

歩く練習を見守るワンラブのスタッフ。

041 (2)

また中にはこんなちびっこもいて、

042 (2)

この子はこの子で、ちっこい体で杖をつき、
一生懸命歩く練習中。

043 (2)

そしてこちらはおしゃれをしてきた女の子。

044 (2)

アシエールに体を支えられながら
彼女も一生懸命練習に励みます。

忙しかったけど、
充実した一日でもありました。

わざわざ遠くから来てくれた障害者のみなさん、
そしてシスター、
お疲れさまでした~!

記:ル真美)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     ご支援よろしくお願いいたします
  ムリンディ/ジャパン・ワンラブ・プロジェクト
  郵便振替口座:00210-5-66497
   
  領収書は省略せて頂いております。必要な方は要領収書とご記入ください。
  詳しくHPをご覧ください→ムリンディ/ジャパン・ワンラブ・プロジェクト

書き損じハガキ、未使用テレホンカード・未使用切手、
大募集中です。 詳細はこちら
送付先:253-0051 茅ヶ崎市若松町12-28-304
ムリンディ/ジャパン・ワンラブ・プロジェクトまで。
 
書き損じハガキ