アフリカの魅力はいろいろあれど…、
店の壁に描かれた、一目瞭然の広告につきる。

よく見かけるのは…、

hetauma.jpg

これです。
アフリカに足を運んだ人はきっと見たことあるはず。
床屋さんの壁には大抵こんな絵が描かれています。
時々もっとわかりやすく、
頭にバリカンが突き刺さっているような絵もある。

何が魅力かって、
そのヘタウマさ。
人間のような眼をしたライオンとか、
デッサンがまるで狂っている牛の絵とか…。

おや?あれは何でしょう?

hetauma gorilla (2)

お土産物屋の看板の横。

hetauma gorilla (1)

………、

これはやっぱりルワンダが誇るマウンテンゴリラでしょうな…。

こういうのがあるからアフリカ暮らしはやめられません…。

(記:ル真美)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     ご支援よろしくお願いいたします
  ムリンディ/ジャパン・ワンラブ・プロジェクト
  郵便振替口座:00210-5-66497
   
  領収書は省略せて頂いております。必要な方は要領収書とご記入ください。
  詳しくHPをご覧ください→ムリンディ/ジャパン・ワンラブ・プロジェクト

書き損じハガキ、未使用テレホンカード・未使用切手、
大募集中です。 詳細はこちら
送付先:253-0051 茅ヶ崎市若松町12-28-304
ムリンディ/ジャパン・ワンラブ・プロジェクトまで。
 
書き損じハガキ


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
スポンサーサイト
ルワンダにつきましては、
腹の立つこともいっぱいあるのですが、
応援したくなることもままあります。

その一つが、何度か紹介しているMade in Rwandaの品物たち。
今回はこんなもの。

tofu (1)

スーパーのショーケースに入っている、これ。

tofu (2)

チーズの横に並べられた「豆腐」。
もっともこの豆腐はもうず~っと前からルワンダで作られていました。

マーボ豆腐など、そんなものが欲しくなった時、
これを買うのです。
が、この豆腐、木綿豆腐よりずっとストロング。
歯ごたえのある豆腐なのでありますよ。

Ubugari Winie (1)

そしてこちら。

Ubugari Winie (4)

瓶に入っているのはルワンダの地酒。
バナナで作ったほんのり甘いお酒。
色は濁った泥水のようですが、なかなかおいしいのですよ。

Ubugari Winie (2)

袋に入っているのはルワンダの主食「ウガリ」。
ここではキャッサバ芋を粉にしたものがメインです。

Ubugari Winie (3)

個人的にはここにわざわざ"Human Food(人の食べ物)"と
書いてあるのが気になる。
しかも一番下の行、Storeのスペルが間違っているのも
ルワンダのどこかいい加減なところが出ていて
苦笑いの種なのだ。

(記:ル真美)


ルワンダは王様のいる国でした。
王様は昔、こんな家に住んでいました。

kings palace (4)

茅など自然の素材を作って建てられた家。
今はこの家を建てることのできる人もほとんどいなくなってしまったとか。
中に入ってみましょう。

kings palace (3)

ルワンダの伝統的なアガセケ(籠)や地酒を飲むためのひょうたん。

kings palace (2)

天井はこんなふうになっています。
思ったより中は広く、
ひんやりとして過ごしやすいです。
下にゴザが敷いてあるので
そこでゴロリと横になって昼寝をしたいくらいです。

その他寝室もありましたが、写真を撮るのを忘れた私。
夜の秘め事のためのいろいろな工夫がなされておりました。

002 (3)

これは現代の家の「壁」に当たるもの。
幾何学的な模様がきれいに編まれています。
パーテーション(間仕切り)のようなものですね。

kings palace (5)

別の建物が二つ。
一つはミルクを献上するための建物。
ここで仕えるのは男性経験のない女性のみ。

もう一つは(これも写真を撮らなかった!!)お酒を献上するための建物。
こちらは女性経験のない男性のみがお仕えします。

kings palace (1)

そして大切な宝。
牛です。
この角、すごいでしょ?
ルワンダ語で「イニャンボ」と呼ばれる牛です。
一時期はこの牛もすべてベルギーに連れていかれ、
国内にほぼいなくなってしまったとか。

しかしその後の手厚い保護により
再びルワンダで育てられるようになりました。
ルワンダの人にとって牛は大切なもの。
ONE COW PER POOR FAMILY PRO-GRAM “GIRINKA”
「貧しい家庭に牛を一頭」プログラムが2015年まで行われていました。
ワンラブも牛3頭分の寄付をしました。
あの寄付がどんな牛になったのかな~?

ルワンダも近代化がすごい勢いで押し寄せ、
文化や歴史が追いやられているような感じがします。

皆さん、そうならないうちにルワンダに遊びに来ませんか?
今なら間に合いますよ~。

(記:ル真美)

『帰国のお知らせ』
12月から2月にかけて、ガテラと帰国します。
1月2月はまだ予定の開いている日もあり、
何とか予定を埋めていきたいのであります。

どなたか、私たちのことを呼んでください。
そして活動の話を聞いてください。
学校・企業・組織、どんなところでも伺います。
より多くの活動資金を集めて帰りたいので、
皆さまのお力を貸してくださいませ。
前回はガテラがマラリアに臥してしまったので、
今回はそのリベンジ!
呼んでみよう!と思った方は
info@onelove-project.info
までご連絡を!
お待ちしております!

P7190066.jpg

日本行に向けて筋トレをするガテラ。
…というのは嘘で、これはずっと前日本で撮った写真。
このスポーツジムのオーナーは
ガテラが日本に行くといつもこの場所をタダで貸してくれるのです。
ありがたい!
私たちは別の命をいただきながら生きております。

ルワンダ、一昔前は地鶏が主流でした。
でも今はブロイラーがどんどん増えてきています。
肉付きが良いこと、
育てる技術が進んだこと、
そんな理由からでしょうか。

Ch (2)

養鶏所はこんな感じ。

白と赤のバケツをひっくり返したような容器に餌とか水とか。

Ch (1)

この鶏を出荷するにはまだ少し時間が必要そう。

Ch (4)

私がじ~っと見ていたら、
鶏も私のことを見つめてきた。

Ch (3)

こんなふうに飼育されていたのですね。

そしてブロイラーが出回り始めた時は、
ブロイラーの値段の方が高かったけれど、
最近では地鶏よりもブロイラーの値段の方が安くなりました。

圧倒的に肉付きはブロイラーの方が良いのですが、
ルワンダの皆さんは「鳥の丸焼き」となると
断然地鶏を好むのでありますよ。
硬くて肉も少ないけど、
確かに地鶏の方がおいしいんだなぁ。

(記:ル真美)

『帰国のお知らせ』
12月から2月にかけて、ガテラと帰国します。
現在日程を調整中。
どなたか、私たちのことを呼んでください。
そして活動の話を聞いてください。
学校・企業・組織、どんなところでも伺います。
より多くの活動資金を集めて帰りたいので、
皆さまのお力を貸してくださいませ。
前回はガテラがマラリアに臥してしまったので、
今回はそのリベンジ!
呼んでみよう!と思った方は
info@onelove-project.info
までご連絡を!
お待ちしております!

P7190066.jpg

日本行に向けて筋トレをするガテラ。
…というのは嘘で、これはずっと前日本で撮った写真。
このスポーツジムのオーナーは
ガテラが日本に行くといつもこの場所をタダで貸してくれるのです。
ありがたい!


ルワンダはあっちこっちで道路工事の真っ最中。

road const (2)

曰く「ハイウェイ」を作るとのこと。
但し日本にあるようなハイウェイというよりは、
道幅を広げ、直線的にし、車のスピードアップを狙ったような感じ。

road const (4)

だからあっちこっちこんな状態で、
埃っぽいったらありゃしない。

road const (3)

その向こうにはいつものルワンダの風景、
斜面にびっしり建てられた家がのぞいている。

road const (1)

ルワンダの皆さん、黄色いヘルメットかぶりながら作業中。
結構まじめに働いているのだ。

だから1年前にルワンダに来た皆さん、
今度来た時は立派な道路に驚くことでしょう。

それにしてもこの埃っぽさをどうにかしてくれい!

(少しずつ雨が降り始めたので、
この埃っぽさも解消されるとは思いつつ、
今度はここが泥道と化すのである)

記:ル真美)

『帰国のお知らせ』
12月から2月にかけて、ガテラと帰国します。
現在日程を調整中。
どなたか、私たちのことを呼んでください。
そして活動の話を聞いてください。
学校・企業・組織、どんなところでも伺います。
より多くの活動資金を集めて帰りたいので、
皆さまのお力を貸してくださいませ。
前回はガテラがマラリアに臥してしまったので、
今回はそのリベンジ!
呼んでみよう!と思った方は
info@onelove-project.info
までご連絡を!
お待ちしております!

IMG_7249.jpg
くまもんの頬っぺたと同じ色のシャツを着ているガテラからも
「よろしく~!」