ここはどこか?
2000年に昔の義肢製作所から、
ワンラブランドに引っ越した時のニュー義肢製作所。

ここでずっと義足を作ってきたけど、
ある時に洪水の被害に遭い、現在はワンラブランド内の別のところに移転。

IMG_8205.jpg

建物が中途半端な高さなのは(ここは2階建てだった)、
窓の真ん中のところまで盛り土をしたからなのであります
(洪水の被害に再度遭わないように)。

そしてこの中には、ワンラブ20年の歴史で使われたあらゆるものが
詰め込まれている(ただ単に、整理するのが面倒だから、ここに突っ込んだ)。

IMG_8169.jpg

そして今日はついに立ち上がり、
その中を整理することになったのである。

IMG_8178.jpg

とにかく中のものを外に出し…、

IMG_8163.jpg

必要なものと、捨てるものに分ける。
これらは日本から持ってきた中古の義足。
まだ使えそうな部品は取り分ける。

IMG_8187.jpg

車いすだって、使える部品は再利用。
すべてのものが汚く見えるのは、
20年間の埃と、洪水で泥水に浸かったため。

IMG_8189.jpg

アシエールとフォンダシオン、直射日光の中がんばっています。

IMG_8185.jpg

いらないものはトラックに積んで…、

IMG_8202.jpg

スクラップとなります。

IMG_8201.jpg

結局、トラック5台分のゴミ。
もう使えない建築資材とか、義足とか、
使うかな?と思って取っておいたもろもろの物。

これらはゴミを引き取る業者に売られ、
おお、ありがたい!
約15万円ほどの値段で引き取られました。
思いがけない収入なのだ!

IMG_8198.jpg

ちなみにここはその昔、私のオフィスだったところ。
何だか改めて20年前を思い出し、
しみじみしたのでありますよ。

思い出深い品物もたくさんありました。
もったいない気もしましたが、
ずっとここを整理しなくちゃと思っていたので、
気持ちはすっきりしました。
さあ、また明日からがんばるか!

(記:ル真美)

『帰国が決まったよ。』
12月5日に日本到着です。
2月いっぱいいます。
また日本で活動のお話をさせてもらいます。
1月・2月の平日はまだ空いている日もあるので、
どなたか私たちのことを呼んで、話を聞いてください。
よろしくお願いします。
その際はこちらにご連絡ください。
info@onelove-project.info

帰国中の予定は追ってHP、このブログ、FBなどで
お知らせしますね。
皆さん、お時間の都合がついたら、ぜひいらしてください。

IMG_5669.jpg

めずらしく一張羅を着ている私たち。
たまにはいいでしょ?


スポンサーサイト
現在、ルワンダの若い映像作家がガテラのドキュメンタリーを制作中。

実はこの映像作家、2015年からワンラブの活動を追いながら、
ガテラの生きざまをドキュメンタリーにしてくれています。
そして2015年に作った映像は、
ルワンダで行われたフィルムコンペティションの一等賞をもらったのです。

その様子。
12794690_1260373784047882_3122505056365057557_o.jpg

賞状と花束をいただきました。

12829252_1260372867381307_8479169172004167832_o.jpg

One Leg, One Loveというタイトルです。
作家の名前はアレクサンダ・シボマナさん。

980762_1260372957381298_6534424175544103277_o.jpg

ガテラ、喜びの一言。

そしてこちら。
今、新たな映像を加えようとインタビュー中。

Gatera documentary (2)

顔は見えませんが、カメラをのぞいているのが、そのアレクサンダさん。

Gatera documentary (1)

撮影はワンラブ・ランドの庭で。
なかなかいい雰囲気だと自画自賛。

さて、どんなドキュメンタリーができますかな?
ワクワク。

(記:ル真美)

『帰国のお知らせ』
12月から2月にかけて、ガテラと帰国します。
1月・2月はまだ予定の開いている日もあり、
何とか予定を埋めていきたいのであります。

どなたか、私たちのことを呼んでください。
そして活動の話を聞いてください。
学校・企業・組織、どんなところでも伺います。
より多くの活動資金を集めて帰りたいので、
皆さまのお力を貸してくださいませ。
前回はガテラがマラリアに臥してしまったので、
今回はそのリベンジ!
呼んでみよう!と思った方は
info@onelove-project.info
までご連絡を!
お待ちしております!
ワンラブ・ランドに引っ越して17年。
あの頃な~んもないところだったのに、
今はこんなになってるよ。

OL (3)

どうです!
この緑!

OL (2)

レストランの入り口もジャングルみたいでしょ?

OL (5)

道から見えるゲストハウスの上にはワンラブの看板。

OL (4)

道路の歩道にはきちんと柵が作られ、
柵の中にはお花が植えられています。
この辺も妙なところで勤勉なルワンダ人っぽさが見え隠れする。
(この柵の下側がワンラブになります。)

OL (1)

そしてアフリカならでは(ほかの国でもあるのかな?)の洗濯物の干し方。
直接こんなふうに地べたに洗濯物を広げます。
アフリカにはたっくさん太陽があるので、
あっという間に乾くのでありますよ。

ワンラブ・ランドは本当に緑たっぷり。
この木が私たちの自慢です。
そしてその木を見るたびに、
それを苗木から育てられた喜びを感じます。

ここには義肢製作所・レストラン・ゲストハウスなどなどがありますゆえ、
ルワンダを旅行する人はぜひご利用ください。
義肢製作所の見学もウェルカム(但し事前に連絡をくださいませ)。

(記:ル真美)

『帰国のお知らせ』
12月から2月にかけて、ガテラと帰国します。
現在日程を調整中。
どなたか、私たちのことを呼んでください。
そして活動の話を聞いてください。
学校・企業・組織、どんなところでも伺います。
より多くの活動資金を集めて帰りたいので、
皆さまのお力を貸してくださいませ。
前回はガテラがマラリアに臥してしまったので、
今回はそのリベンジ!
呼んでみよう!と思った方は
info@onelove-project.info
までご連絡を!
お待ちしております!

IMG_7249.jpg

くまもんの頬っぺたと同じ色のシャツを着ているガテラからも
「よろしく~!」
久しぶりに結婚式に参加。
ガテラの親戚の結婚式である。

Johnny wedding (3)

花嫁さんのお披露目。
ちょっとぽっちゃりめのかわいらしいお嫁さんでした。

Johnny wedding (4)

こんなふうに聖歌隊のコーラスの中、
問題なく結婚式は進むのだが…、
いつもムッとするルワンダの問題。
それは…、

Johnny wedding (2)

記録を残したいのはわかるのだが、
カメラマンが堂々と客と花嫁花婿の間に陣取り、
カメラを回し続けるのだ。
少しも悪びれた様子もなく。
全く邪魔だったらありゃしない。

Johnny wedding (5)

そんな不満をいつも残しつつ、
でもルワンダ人はそんなことを一向に気にせず、
大きな祝福を受けるのである。

Johnny wedding (6)

そしてですね、また私が自慢しても仕方ないのですが、
こ~んなかわいい子供たちがおしゃれに着飾っていて、
子供嫌いの私でもその愛くるしさには勝ち目がない。

Johnny wedding (7)

どうです!
たまらないでしょ?

Johnny wedding (1)

そして披露宴では定番となっている
ケーキカット花火付き。

そのあとはワンラブのレストランに移動して、
皆さんで食事をしたのでありました。

夜中まで踊りまくる彼らの未来は明るい。

(記:ル真美)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     ご支援よろしくお願いいたします
  ムリンディ/ジャパン・ワンラブ・プロジェクト
  郵便振替口座:00210-5-66497
   
  領収書は省略せて頂いております。必要な方は要領収書とご記入ください。
  詳しくHPをご覧ください→ムリンディ/ジャパン・ワンラブ・プロジェクト

書き損じハガキ、未使用テレホンカード・未使用切手、
大募集中です。 詳細はこちら
送付先:253-0051 茅ヶ崎市若松町12-28-304
ムリンディ/ジャパン・ワンラブ・プロジェクトまで。
 
書き損じハガキ


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

以前、うちのセキュリティが全く頼りにならないと書いたが…、
爆睡するセキュリティ

頼りにならないものには、さっさと見切りをつけ、
新たに育てているのは…。

dog (2)

たわわな乳房を持つ、このお母さんが生んだ…、

dog (3)

この子たちである。
育ち盛りの彼らはとにかく飲む!
牛乳屋さんでちょっと古くなって売り物にならなくなった牛乳を安く手に入れ、

dog (8)

とにかく飲ませる!

dog (5)

もう、取り合いですな。

dog (6)

顔中、牛乳だらけになって飲む!
兄弟が多いので、生存競争が激しいのである。

dog (1)

そして残された牛乳足跡。

少なくともこの子たちは、
夜、怪しい動きがあると、
まだ少年少女の声で吠えるのである。

だから夜中に寝ちまうセキュリティより、
ずっと頼りになるのでありますな。
ワンラブの安全は彼らによって守られていると言っても過言ではない!

(記:ル真美)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     ご支援よろしくお願いいたします
  ムリンディ/ジャパン・ワンラブ・プロジェクト
  郵便振替口座:00210-5-66497
   
  領収書は省略せて頂いております。必要な方は要領収書とご記入ください。
  詳しくHPをご覧ください→ムリンディ/ジャパン・ワンラブ・プロジェクト

書き損じハガキ、未使用テレホンカード・未使用切手、
大募集中です。 詳細はこちら
送付先:253-0051 茅ヶ崎市若松町12-28-304
ムリンディ/ジャパン・ワンラブ・プロジェクトまで。
 
書き損じハガキ


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・