FC2ブログ
cinemaafrica2009_20090511085220.jpg

今日は、アフリカ映画デーin横浜のお知らせです。

こちらを主催する、シネマアフリカは
「アフリカが語るアフリカ」をコンセプトに,アフリカ人監督や
プロデューサーが製作したアフリカ映画を集めて上映しています。

日本で観ることができるアフリカ映画の多くは、西洋の人たちによって描かれたもの。
もちろん、それも一つのアフリカを紹介した映画。

ただ、「アフリカが語るアフリカ」は、また違ったものを伝えてくれます。

お勧めは、ルワンダから届いたドキュメンタリー
『イセター道路封鎖の背後で』(仮称) 日本初公開の作品です。
(55分 ルワンダ ジューン・レイン監督 2008年)

”虐殺の現場を撮影した唯一のジャーナリストが、14年後、映像に写った人々の村を訪れる。
突如現れた当時の真実を語る映像に、村には大きな衝撃が走る。
今だ罪を否定する加害者、癒えない傷を抱える遺族や村人が一同に会し問題の映像を見るが・・・。”
シネマアフリカwebサイトより

他2作のルワンダ関係の作品が上映されます。
・「壁を越えてーわたしたちみなルワンダ人」
       2008パンアフリカン映画祭最優秀短編賞佳作

・「アルフォンスの自転車」
 

この機会をお見逃しなく!


■■ アフリカ映画デーin横浜 ■■
 日時:5月22日(金)・24日(日)
 場所:横浜ランドマークホール
 主催:シネマアフリカ実行委員会
 URL:http://www.cinemaafrica.com/

 ムリンディ/ジャパン・ワンラブ・プロジェクトは、
 アフリカ映画デーin横浜を応援しています。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     ご支援よろしくお願いいたします
  ムリンディ/ジャパン・ワンラブ・プロジェクト
  郵便振替口座:00210-5-66497
   
  領収書は省略せて頂いております。必要な方は要領収書とご記入ください。
  詳しくHPをご覧ください→ムリンディ/ジャパン・ワンラブ・プロジェクト

書き損じハガキ、未使用テレホンカード・未使用切手、
大募集中です。 詳細はこちら
送付先:253-0051 茅ヶ崎市若松町12-8 コーポ原202
ムリンディ/ジャパン・ワンラブ・プロジェクトまで。
 
書き損じハガキ



 
スポンサーサイト