ルワンダで結婚式を挙げようと思っている人、いませんか?
本日はあるルワンダでの結婚式の様子を。

002 (4)

彼女は昔、ワンラブで働いていた女性。
ルワンダ大虐殺で、家族の大半を失ってしまったため
めでたい今日の日は、弟が父親の役を。

023_20160208223257b22.jpg

多くの人は、それぞれが所属している宗派の教会などで結婚式を挙げます。

緊張した面持ちでベールを上げる新郎。

033_20160208223259566.jpg

指輪の交換も終わり、これで二人は夫婦となります。

085.jpg

そのあとは披露宴のパーティ。
最近はどんどん派手になってきて、
ケーキ入刀の前に花火のパフォーマンスがあったりします。

121.jpg

写真はブレているけど、新郎新婦も一緒に踊ります。
彼女の着ているウエディングドレスは、どちらかというと地味。
しかし多くの花嫁はここぞとばかりに、
ゴージャスで素敵なドレスを着、化粧もバッチリ。
介添え人やお客さんのドレスも、スタイルがよいだけあって、
ものすごく素敵です。

披露宴の時には、あまり食事は出しません。
ビールや炭酸飲料など、飲み物だけのときが多いです。
家族や親しい人たちとの食事は、別の機会に設けられます。

結婚式に来る人たちの数は、300人以上になるときもあります。
だから昔は、その辺にいるどこの誰だかわからないような
ガキんちょたちが紛れ込むこともしばしばでした(飲み物目当てで勝手に入ってくる)。
*最近はなかなか紛れ込めないようなスタイルになってきておりますが…。

披露宴が終わると、若い人はソワレ(夜のパーティ)に突入し、
朝まで飲んで、歌って、踊ります。
そしてここでカップルになる人たちも多いです。
新郎新婦は、適当にみんなの目を盗んで退出。

ワンラブ内には、結婚式を挙げられるホールもあり、
ときどき皆さんが利用してくれます。

066_2016020822330207f.jpg

またガテラの趣味で、廃材を利用して作ったツリーハウスもあり、
そこが絶好の記念写真ポイントとして、利用されたりします。

059.jpg

これを見て「私もワンラブで結婚式を挙げたい!」と思った方、
どんどんご連絡ください。
一生の思い出になること間違いなし!

(記:ル真美)

クラウドファンディング、無事に終了しました。
皆さまのおかげで、たくさんのご支援をいただきました。
現在最終的な決算をしているところです。
手続きが済み次第、義足を作るための巡回診療をスタートします。
それまで少しお待ちください。
(巡回診療スタートは3月末、もしくは4月となりそうです)


スポンサーサイト