この件に関しては、以前も書いたのだが…。
袖口に光る、おじさんのお洒落。

相変わらず、気になって仕方がない。

brand name (1)

結婚式でとなりに座ったおじさんの袖口。
目を凝らすと…。

Dunhill.jpg

…なのだよ。

お高いスーツを着ていらっしゃる。
しかしルワンダで、一見普通の、むしろ田舎っぽいおじさん、
ブランドの価値を知って着ているのかが疑問なのだ。

しかももう一つの疑問。
袖口にこうやっていつまでもこのタグ(…と言うのかな?)を
つけたままにしておくのか?

男性の皆さま、こうして着るのが普通なの?
それともおじさんはこのブランドを前面に出したいから
つけたままにしているの?

永遠の謎。

(記:ル真美)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     ご支援よろしくお願いいたします
  ムリンディ/ジャパン・ワンラブ・プロジェクト
  郵便振替口座:00210-5-66497
   
  領収書は省略せて頂いております。必要な方は要領収書とご記入ください。
  詳しくHPをご覧ください→ムリンディ/ジャパン・ワンラブ・プロジェクト

書き損じハガキ、未使用テレホンカード・未使用切手、
大募集中です。 詳細はこちら
送付先:253-0051 茅ヶ崎市若松町12-28-304
ムリンディ/ジャパン・ワンラブ・プロジェクトまで。
 
書き損じハガキ


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

スポンサーサイト