FC2ブログ
ディアネがルワンダに帰る直前、研修先にお邪魔しました。
今日は、その時の様子をお伝えします。
ディアネの研修先は、その昔、ルダシングワが義足製作を教えて頂いた場所。
久しぶりの親方との対面に、ルダシングワも緊張ぎみ。

海外技術研修員ディアネ1


写真は、ディアネが最初から最後まで、一人で仕上げたコルセットを持って。
コルセット作りは、ディアネが日本に来て、一番力を注いで勉強したもの。
ちょっと誇らしげです。


海外技術研修員ディアネ2


採寸の方法が、苦手という事で、
この日は復習。
もとから苦手なのに、親方さらに、ルダシングワの前での実演となり、
なんだか試験の様な雰囲気に、なってしまいました。
ディアネかなり緊張。なかなかうまくいきません。
親方の厳しい視線が、突き刺さる・・。


海外技術研修員3



「こうやってやるんだよ。」と見かねて、親方実演。
親方がメジャーを持つと、いかにも簡単そう。
採寸するポイントをすぐに見つけ、測ってしまいます。
でも、ディアネが実際にやると、そうはいかない・・。
これが経験の差、というものでしょう。

特に、日本では小さい頃から、ハサミやホチキス・定規・メジャーなど
身の回りに沢山あり、日常的に使っていますが、
ルワンダではどこにもある、というわけではありません。
例えば、ハサミ。
「このハサミ切れないわよ~」と言われ、代わって切ってみると、簡単に切れる。

ホチキス。
使い方は知っているけれど、力加減がわからないので、
ちゃんとホチキスを押せずに、芯がめちゃくちゃにという事が、よくあります。
(しかも連続、芯がなくなる)

そのたびに、「なんて不器用なんだぁ~!!」って思ってしまうけど、
使った経験が少ないから、しょうがないんですよね。
鉛筆を上手に持てない人もいるし・・。

採寸するポイントを、見つけ出す事の前に、
ディアネにとっては、メジャーで何かを測る事自体が、大変。
そして、それを教える親方も、大変・・・。

何度も何度もやり直して、復習が続きました・・。
                           (つづく)

(記:ざわ)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     ご支援よろしくお願いいたします
  ムリンディ/ジャパン・ワンラブ・プロジェクト
  郵便振替口座:00210-5-66497
   
  領収書は省略せて頂いております。必要な方は要領収書とご記入ください。
  詳しくHPをご覧ください→ムリンディ/ジャパン・ワンラブ・プロジェクト

募金サイト イーココロ! クリックすることでワンラブを支援して頂けます。
支援方法はこちら→→http://oneloverwanda.blog105.fc2.com/blog-category-11.html

イーココロ!サイトはこちら→http://www.ekokoro.jp/

スポンサーサイト