上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ルワンダは王様のいる国でした。
王様は昔、こんな家に住んでいました。

kings palace (4)

茅など自然の素材を作って建てられた家。
今はこの家を建てることのできる人もほとんどいなくなってしまったとか。
中に入ってみましょう。

kings palace (3)

ルワンダの伝統的なアガセケ(籠)や地酒を飲むためのひょうたん。

kings palace (2)

天井はこんなふうになっています。
思ったより中は広く、
ひんやりとして過ごしやすいです。
下にゴザが敷いてあるので
そこでゴロリと横になって昼寝をしたいくらいです。

その他寝室もありましたが、写真を撮るのを忘れた私。
夜の秘め事のためのいろいろな工夫がなされておりました。

002 (3)

これは現代の家の「壁」に当たるもの。
幾何学的な模様がきれいに編まれています。
パーテーション(間仕切り)のようなものですね。

kings palace (5)

別の建物が二つ。
一つはミルクを献上するための建物。
ここで仕えるのは男性経験のない女性のみ。

もう一つは(これも写真を撮らなかった!!)お酒を献上するための建物。
こちらは女性経験のない男性のみがお仕えします。

kings palace (1)

そして大切な宝。
牛です。
この角、すごいでしょ?
ルワンダ語で「イニャンボ」と呼ばれる牛です。
一時期はこの牛もすべてベルギーに連れていかれ、
国内にほぼいなくなってしまったとか。

しかしその後の手厚い保護により
再びルワンダで育てられるようになりました。
ルワンダの人にとって牛は大切なもの。
ONE COW PER POOR FAMILY PRO-GRAM “GIRINKA”
「貧しい家庭に牛を一頭」プログラムが2015年まで行われていました。
ワンラブも牛3頭分の寄付をしました。
あの寄付がどんな牛になったのかな~?

ルワンダも近代化がすごい勢いで押し寄せ、
文化や歴史が追いやられているような感じがします。

皆さん、そうならないうちにルワンダに遊びに来ませんか?
今なら間に合いますよ~。

(記:ル真美)

『帰国のお知らせ』
12月から2月にかけて、ガテラと帰国します。
1月2月はまだ予定の開いている日もあり、
何とか予定を埋めていきたいのであります。

どなたか、私たちのことを呼んでください。
そして活動の話を聞いてください。
学校・企業・組織、どんなところでも伺います。
より多くの活動資金を集めて帰りたいので、
皆さまのお力を貸してくださいませ。
前回はガテラがマラリアに臥してしまったので、
今回はそのリベンジ!
呼んでみよう!と思った方は
info@onelove-project.info
までご連絡を!
お待ちしております!

P7190066.jpg

日本行に向けて筋トレをするガテラ。
…というのは嘘で、これはずっと前日本で撮った写真。
このスポーツジムのオーナーは
ガテラが日本に行くといつもこの場所をタダで貸してくれるのです。
ありがたい!
私たちは別の命をいただきながら生きております。

ルワンダ、一昔前は地鶏が主流でした。
でも今はブロイラーがどんどん増えてきています。
肉付きが良いこと、
育てる技術が進んだこと、
そんな理由からでしょうか。

Ch (2)

養鶏所はこんな感じ。

白と赤のバケツをひっくり返したような容器に餌とか水とか。

Ch (1)

この鶏を出荷するにはまだ少し時間が必要そう。

Ch (4)

私がじ~っと見ていたら、
鶏も私のことを見つめてきた。

Ch (3)

こんなふうに飼育されていたのですね。

そしてブロイラーが出回り始めた時は、
ブロイラーの値段の方が高かったけれど、
最近では地鶏よりもブロイラーの値段の方が安くなりました。

圧倒的に肉付きはブロイラーの方が良いのですが、
ルワンダの皆さんは「鳥の丸焼き」となると
断然地鶏を好むのでありますよ。
硬くて肉も少ないけど、
確かに地鶏の方がおいしいんだなぁ。

(記:ル真美)

『帰国のお知らせ』
12月から2月にかけて、ガテラと帰国します。
現在日程を調整中。
どなたか、私たちのことを呼んでください。
そして活動の話を聞いてください。
学校・企業・組織、どんなところでも伺います。
より多くの活動資金を集めて帰りたいので、
皆さまのお力を貸してくださいませ。
前回はガテラがマラリアに臥してしまったので、
今回はそのリベンジ!
呼んでみよう!と思った方は
info@onelove-project.info
までご連絡を!
お待ちしております!

P7190066.jpg

日本行に向けて筋トレをするガテラ。
…というのは嘘で、これはずっと前日本で撮った写真。
このスポーツジムのオーナーは
ガテラが日本に行くといつもこの場所をタダで貸してくれるのです。
ありがたい!


ワンラブ・ランドに引っ越して17年。
あの頃な~んもないところだったのに、
今はこんなになってるよ。

OL (3)

どうです!
この緑!

OL (2)

レストランの入り口もジャングルみたいでしょ?

OL (5)

道から見えるゲストハウスの上にはワンラブの看板。

OL (4)

道路の歩道にはきちんと柵が作られ、
柵の中にはお花が植えられています。
この辺も妙なところで勤勉なルワンダ人っぽさが見え隠れする。
(この柵の下側がワンラブになります。)

OL (1)

そしてアフリカならでは(ほかの国でもあるのかな?)の洗濯物の干し方。
直接こんなふうに地べたに洗濯物を広げます。
アフリカにはたっくさん太陽があるので、
あっという間に乾くのでありますよ。

ワンラブ・ランドは本当に緑たっぷり。
この木が私たちの自慢です。
そしてその木を見るたびに、
それを苗木から育てられた喜びを感じます。

ここには義肢製作所・レストラン・ゲストハウスなどなどがありますゆえ、
ルワンダを旅行する人はぜひご利用ください。
義肢製作所の見学もウェルカム(但し事前に連絡をくださいませ)。

(記:ル真美)

『帰国のお知らせ』
12月から2月にかけて、ガテラと帰国します。
現在日程を調整中。
どなたか、私たちのことを呼んでください。
そして活動の話を聞いてください。
学校・企業・組織、どんなところでも伺います。
より多くの活動資金を集めて帰りたいので、
皆さまのお力を貸してくださいませ。
前回はガテラがマラリアに臥してしまったので、
今回はそのリベンジ!
呼んでみよう!と思った方は
info@onelove-project.info
までご連絡を!
お待ちしております!

IMG_7249.jpg

くまもんの頬っぺたと同じ色のシャツを着ているガテラからも
「よろしく~!」
ルワンダはあっちこっちで道路工事の真っ最中。

road const (2)

曰く「ハイウェイ」を作るとのこと。
但し日本にあるようなハイウェイというよりは、
道幅を広げ、直線的にし、車のスピードアップを狙ったような感じ。

road const (4)

だからあっちこっちこんな状態で、
埃っぽいったらありゃしない。

road const (3)

その向こうにはいつものルワンダの風景、
斜面にびっしり建てられた家がのぞいている。

road const (1)

ルワンダの皆さん、黄色いヘルメットかぶりながら作業中。
結構まじめに働いているのだ。

だから1年前にルワンダに来た皆さん、
今度来た時は立派な道路に驚くことでしょう。

それにしてもこの埃っぽさをどうにかしてくれい!

(少しずつ雨が降り始めたので、
この埃っぽさも解消されるとは思いつつ、
今度はここが泥道と化すのである)

記:ル真美)

『帰国のお知らせ』
12月から2月にかけて、ガテラと帰国します。
現在日程を調整中。
どなたか、私たちのことを呼んでください。
そして活動の話を聞いてください。
学校・企業・組織、どんなところでも伺います。
より多くの活動資金を集めて帰りたいので、
皆さまのお力を貸してくださいませ。
前回はガテラがマラリアに臥してしまったので、
今回はそのリベンジ!
呼んでみよう!と思った方は
info@onelove-project.info
までご連絡を!
お待ちしております!

IMG_7249.jpg
くまもんの頬っぺたと同じ色のシャツを着ているガテラからも
「よろしく~!」
全体的に赤で統一されたおばちゃんがやってきた。
本日は義足の仮合わせ兼仕上げて渡す日。

finishing (3)

アシエールの指導の元、
デオが補佐として受け持つ。

finishing (2)

履いてもらって試運転。
が、試運転の状況を写真撮り忘れた…。

finishing (4)

手前にあるのはおばちゃんが持っていた義足。
外見だけ見るとまだ十分使えそうな義足であるが…、

finishing (1)

切断した足を入れるソケットの中のクッションの役割をするインサート…、
もうボロボロ…。

新しい義足でまた歩き回ってください。
壊れたらいつでも直しに来てね。

(記:ル真美)

『お知らせ』

ガテラの甥っ子が本を書きました。
ダウンロード
名前はガエル・ファイユ。
ルワンダ人の母(ガテラの妹)と
フランス人の父の間に生まれたガエル。
ルワンダの紛争を逃れブルンジで暮らしていた
彼の自伝的小説です。
揺れ動くアイデンティティと
だんだんと不穏な空気が広がってくる
ブルンジでの生活が書かれています。
ぜひこの本、読んでみてください。
彼の本業はミュージシャン。
曲の中でも祖国を思う気持ち、
白と黒の間に生まれたアイデンティティなどを
ラップに乗せて歌っています。

早川書房
「小さな国で」 Petit Payes
ガエル・ファイユ Gael Faye
¥1,900(税別)

images.jpg


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。