え~、悲しいお知らせです。
ワンラブ・ランド内の橋、落ちました…。

bridge falling down (2)

もともと確かにボロッちい橋でしたが、
橋の半分が崩落…。

bridge falling down (3)

ワンラブ・ランド内には川が流れておりまして、
大雨が降ると、それが氾濫という事態が過去数度。

bridge falling down (4)

今回、氾濫は免れたものの、
水の勢いで川岸がえぐられ、

bridge falling down (5)

こんな状態なのでありますよ。

ワンラブ・ランドはこの橋を通って中に入るため、
これが落ちちゃうと、外には出られないのです。
陸の孤島と化したワンラブ・ランド。

ちょうどこの日は、なんとワンラブがルワンダの車のディーラーから
三菱のダブルキャビンピックアップを寄付してもらえる(!)という大事な日。

自分たちの車は、
嗚呼…、中に駐車してあり出せない状態…。

bridge falling down (1)

しかし、男ガテラはやるのである。
残った半分の橋を使い強行突破!

橋が落ちたら車も川に真っ逆さまだからやめろ!
と言ったにもかかわらずである。

「俺の辞書に不可能の文字はない」
改めてこの男の強運を知ったのである。
(車が強行突破した時の写真は、
橋が落ちないように神に祈っていたので撮っていない。)

bridge.jpg

そしてまぁ、それから数日。
今はこんな状態。

日曜日に再び日本に行く私たち。
果たしてそれまでに橋は架かるのか?

辞書に「不可能」の文字が加わるかどうかの瀬戸際なのである。

(記:ル真美)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     ご支援よろしくお願いいたします
  ムリンディ/ジャパン・ワンラブ・プロジェクト
  郵便振替口座:00210-5-66497
   
  領収書は省略せて頂いております。必要な方は要領収書とご記入ください。
  詳しくHPをご覧ください→ムリンディ/ジャパン・ワンラブ・プロジェクト

書き損じハガキ、未使用テレホンカード・未使用切手、
大募集中です。 詳細はこちら
送付先:253-0051 茅ヶ崎市若松町12-28-304
ムリンディ/ジャパン・ワンラブ・プロジェクトまで。
 
書き損じハガキ


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


皆さま、ガテラと私、先週ルワンダに戻ってまいりました。
約3か月の滞在中、お世話になりありがとうございました。
滞在中はブログを更新できなかったので、
今さらながら少しだけその様子を見てください。

IMG_0006.jpg

毎年京都に行くものの、いつもとんぼ返り。
でも今回は関西方面でワンラブに協力してくれている
ご夫婦に嵐山方面にドライブに連れて行ってもらいました。
少し遅いがお内裏様とお雛様になった私たち。

IMG_0001 (2)

茅ヶ崎で生まれて育った私。
服部市長さんとご対面。
ルワンダで作られているアガセケと呼ばれるバスケット。
アフリカの布で作った巾着に入れてプレゼントしました。

IMG_0039.jpg

初めて広島へ。
原爆で亡くなった人たちに手を合わすガテラ。
一度にたくさんの人を失ったという意味ではルワンダも同じ。
原爆そしてルワンダ大虐殺を次世代に伝えていかなくてはいけない
という思いは、広島もルワンダも一緒でした。

IMG_0001_201803091920243ac.jpg

初挑戦のチェアスキー。
これだけたくさんの雪を見たのは
ガテラも私も生まれて初めて。

IMG_0012.jpg

寒さに震えつつも記念撮影。
アフリカ大陸発のチェアスキーヤーの誕生なのだ。

IMG_0015.jpg

こんな感じで滑ってみました。
なかなかバランスが良いと褒められたガテラ。

IMG_0020.jpg

が、転んで鎖骨をぐねった。
そのためバイスキーに変更。
これの方がスキーが2枚ある分安定が良いのだそうだ。

IMG_0013_20180309192030d32.jpg

今回もたくさんの学校でお話をさせてもらいました。
こんなふうに学校全体で国際理解の日に
ルワンダのことを発表してくれたりしました。

本当はもっともっと書きたいことがたくさんあるのだけど、
書ききれず…。

今回は温泉も2回入れたよ。
くたびれた私たちにそんな心遣いをしてくれてありがとう!

あっという間の3か月。

再びルワンダに戻り動き始めるのである。

皆さん、また次回お会いしましょう!
それまで私たちのこと、忘れないでおくれ~!

(記:ル真美)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     ご支援よろしくお願いいたします
  ムリンディ/ジャパン・ワンラブ・プロジェクト
  郵便振替口座:00210-5-66497
   
  領収書は省略せて頂いております。必要な方は要領収書とご記入ください。
  詳しくHPをご覧ください→ムリンディ/ジャパン・ワンラブ・プロジェクト

書き損じハガキ、未使用テレホンカード・未使用切手、
大募集中です。 詳細はこちら
送付先:253-0051 茅ヶ崎市若松町12-28-304
ムリンディ/ジャパン・ワンラブ・プロジェクトまで。
 
書き損じハガキ


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2018年になりました。
お正月、ガテラと二人で茅ヶ崎海岸へ。

DSC04596.jpg

ガテラは縁起を担ぐために、
茅ヶ崎海岸に着くと、
禊ぎのごとく海の水を触るのが常である。

DSC04592.jpg

まずは海に対して祈り…、

DSC04595.jpg

このように水を触る。

DSC04599.jpg

そしてその後、逃げ遅れて足元に波が押し寄せた新年。

DSC04600.jpg

粋がってはいるが、足元はびしょ濡れなのである。

DSC04605.jpg

…とそんなお正月でした。
まあ、遠くに富士山がくっきり見えるから
それだけで良しとしよう。

(記:ル真美)

【話を聞きに来てください。】
ガテラと私、ただ今帰国中(2月末まで)。
ワンラブのお話をあちこちでさせていただきます。
スケジュールはこちら
ぜひ来てくださいね。
ルワンダ小物やワンラブオリジナルグッズも販売しますよ~。

ルワンダにつきましては、
腹の立つこともいっぱいあるのですが、
応援したくなることもままあります。

その一つが、何度か紹介しているMade in Rwandaの品物たち。
今回はこんなもの。

tofu (1)

スーパーのショーケースに入っている、これ。

tofu (2)

チーズの横に並べられた「豆腐」。
もっともこの豆腐はもうず~っと前からルワンダで作られていました。

マーボ豆腐など、そんなものが欲しくなった時、
これを買うのです。
が、この豆腐、木綿豆腐よりずっとストロング。
歯ごたえのある豆腐なのでありますよ。

Ubugari Winie (1)

そしてこちら。

Ubugari Winie (4)

瓶に入っているのはルワンダの地酒。
バナナで作ったほんのり甘いお酒。
色は濁った泥水のようですが、なかなかおいしいのですよ。

Ubugari Winie (2)

袋に入っているのはルワンダの主食「ウガリ」。
ここではキャッサバ芋を粉にしたものがメインです。

Ubugari Winie (3)

個人的にはここにわざわざ"Human Food(人の食べ物)"と
書いてあるのが気になる。
しかも一番下の行、Storeのスペルが間違っているのも
ルワンダのどこかいい加減なところが出ていて
苦笑いの種なのだ。

(記:ル真美)


ここはどこか?
2000年に昔の義肢製作所から、
ワンラブランドに引っ越した時のニュー義肢製作所。

ここでずっと義足を作ってきたけど、
ある時に洪水の被害に遭い、現在はワンラブランド内の別のところに移転。

IMG_8205.jpg

建物が中途半端な高さなのは(ここは2階建てだった)、
窓の真ん中のところまで盛り土をしたからなのであります
(洪水の被害に再度遭わないように)。

そしてこの中には、ワンラブ20年の歴史で使われたあらゆるものが
詰め込まれている(ただ単に、整理するのが面倒だから、ここに突っ込んだ)。

IMG_8169.jpg

そして今日はついに立ち上がり、
その中を整理することになったのである。

IMG_8178.jpg

とにかく中のものを外に出し…、

IMG_8163.jpg

必要なものと、捨てるものに分ける。
これらは日本から持ってきた中古の義足。
まだ使えそうな部品は取り分ける。

IMG_8187.jpg

車いすだって、使える部品は再利用。
すべてのものが汚く見えるのは、
20年間の埃と、洪水で泥水に浸かったため。

IMG_8189.jpg

アシエールとフォンダシオン、直射日光の中がんばっています。

IMG_8185.jpg

いらないものはトラックに積んで…、

IMG_8202.jpg

スクラップとなります。

IMG_8201.jpg

結局、トラック5台分のゴミ。
もう使えない建築資材とか、義足とか、
使うかな?と思って取っておいたもろもろの物。

これらはゴミを引き取る業者に売られ、
おお、ありがたい!
約15万円ほどの値段で引き取られました。
思いがけない収入なのだ!

IMG_8198.jpg

ちなみにここはその昔、私のオフィスだったところ。
何だか改めて20年前を思い出し、
しみじみしたのでありますよ。

思い出深い品物もたくさんありました。
もったいない気もしましたが、
ずっとここを整理しなくちゃと思っていたので、
気持ちはすっきりしました。
さあ、また明日からがんばるか!

(記:ル真美)

『帰国が決まったよ。』
12月5日に日本到着です。
2月いっぱいいます。
また日本で活動のお話をさせてもらいます。
1月・2月の平日はまだ空いている日もあるので、
どなたか私たちのことを呼んで、話を聞いてください。
よろしくお願いします。
その際はこちらにご連絡ください。
info@onelove-project.info

帰国中の予定は追ってHP、このブログ、FBなどで
お知らせしますね。
皆さん、お時間の都合がついたら、ぜひいらしてください。

IMG_5669.jpg

めずらしく一張羅を着ている私たち。
たまにはいいでしょ?